PORTER CLASSIC NEWS

2021/09/15 23:57





チノってよりは、 
ティノって呼びたくなるくらい。 

トロッとしたソフトな、いやソフトゥな生地感が魅力でもあるChino Vintageシリートゥ。 

もちろんセットアップは当然さっで、カタログ通り、考古学から学びましょう。で、サファリの世界へ妄想トリップ。 
と思いきや、ウィーンにお出かけカフェ巡りもいいな〜なんて。 

ただ、ウィーンはどうも独特なコーヒーの頼み方らしい。 
コーヒーを一杯ください、では通じず、添えられているのはミルクか生クリームか。生クリームはホイップされているか。ミルクは冷たいか温かいか、泡立てられているか。 それら全てによってコーヒーの名前が変わってくると。 

とまぁ何でもいいが、初めからこのたまらないティノ Vintageの加工なら、コーヒーこぼしても気になんない。 

でもまぁやっぱりサファリ。
地図あるしね。

中島