2020/08/23 00:00


アロハと読書
夏のど真ん中にいる感じが、またたまらなく気持ち良いです。
今読んでいる本のお話を。
まだまだ全然途中なのですが、アメリカ人女性が、SOEだったりOSSの特殊工作員として活躍したお話。
しかもナチス統治下のフランスで。
女スパイ!
でも美しくて人を魅了する力半端なくて、目立っちゃったらしいです。
...なんそれ、言ってみたい。
当時はゲシュタポが街にたくさんいたので、目をつけられないように髪染めて目立たなくしたそうで。
外見もですが性格や意思の強さが彼女の魅力でして、協力者がどんどん集まってきて大活躍だったそう。
ちなみに、スパイたちが手紙だったり小包みだったり、何か仲間に送る時は、通称「レターボックス」って呼ばれる人に頼むらしいです。
レターボックス!呼ばれ方素敵すぎる!

本を読んでいると、街の風景だったりが文字の奥の奥の方に広がってきて、気分はもうスパイ。
「パン一切れ」。本に出てくる言葉を真似してそれを食べる。
人気の少ない近所の公園。大きい木陰が私の特等席。

公園に何着て行こうかなんて考える必要なし。アロハセットアップのベレー帽で決まりです。
暑くないひやっと気持ち良い。
読書に集中できるのは君のおかげ!
女スパイ ヴァージニアホールも驚きだ。
「ポータークラシックがとんでもないものを生み出した!早くみんなに伝えなきゃ!」
急いでタイプライター打っていることでしょうね。

世界が混乱する前に!皆さん要チェックです!
HAWAIIAN HISTORY ALOHA SHIRT

田中