2020/06/12 00:00


日光金谷ホテル
初めてがっつり参加させて頂いたカタログ撮影。

撮影日前から金谷ホテルさんとの打ち合わせを何度も重ね、僕の中でより気合いが入って臨んだ撮影現場でした。

そんな中で本当にたくさん経験をさせて頂きました。ありがとうございました!

「写真」職人さんと玲雄さんとの掛け合い。

良い緊張感の中に垣間見える、撮影を楽しんでおられる雰囲気がもう鳥肌もので、その一瞬一瞬がスローに見えてしまうほど、食い入るように見てしまっておりました。

あーやっぱり、本物の人が撮るとこんなにも空気が違うんだ、僕なんかでもそう思える本当に刺激的な時間でした。心から感謝であります。

「職人さんのとの対話9」是非読んでみてください。本当にその通りです。心に響くんです!

そして、読み終わったあと、お持ちのカタログをもう一度見てみて頂きたいと思います。よろしくお願いします!

本当に素敵な写真です!
心に伝わります!


最後に、
日光金谷ホテルでの出来事を2つ紹介。

①プチトマトの克服
克さんとの朝食。金谷ホテルのオムレツが最高で。そんな祝福の時を味わいながら、ふとお皿を見ると、僕の嫌いなプチトマトが克さんのお皿から僕のお皿に瞬間移動。一瞬にして、お皿に12個のプチトマト。いつのまに!そこは克さんの職人技。

ここまでくるとなんだか何も怖くない。8個目ぐらいから好きになっていました。金谷ホテルのプチトマトが旨すぎた!克さんありがとうございます!

②どういうこと?
中島さんと同じ部屋で一泊。外は、1月の真冬の日光。しかし、部屋は、歴史あるオイルヒーターがしっかり効いていて、空気の乾燥もせず、温もりがあり、過ごしやすい最高の空間。明日も早いからシャワー浴びて早く寝ようと。もはやこの空間で寝るのが楽しみ状態。

シャワー浴びて出てくると部屋の様子が違う、、「え!なんで窓あけてるの!?」部屋にギンギンに冷たい空気がどんどん流れ込んでいる。「どういうこと?」寒くて全然寝れませんでした。

関根