PORTER CLASSIC NEWS

2020/06/07 00:00


中島ニュース
16歳の時に叔父さんに養われる身になった金次郎先輩。
昼間は叔父の家業の農作業に励み、夜は寝ずに、油の明かりで本を読んでると、
「誰のお金で飯くってると思ってんだ!農民に学問はいらん!油がもったいない!」

めげないのが金次郎先輩。
だったら自分のマネーでシャラァ!
と、荒地に菜種を育てて油屋に渡し、引き換えにもらった燈明油で、夜の読書を続ける。
昼間も、山に登って薪を切り、背負って歩きながら読書。読書、読書、読書!

その姿に心打たれたうちのボス。
ニュートンバッグをお届けしました。


映画『The Bookshop』より。



人は本を読んでいる時
物語の中に住む
本という家の中で暮らしている

彼女が何よりも愛したのは
読書のあとにも続く
鮮明な夢を見ているようなひとときだった


-最高Tシャツはこちらから-〜NEWTON BAG NINOMIYA KINJIRO〜