2020/04/13 12:00




面白い話聞いたので紹介しますね。


こちらは第1回のオリンピック(1896/アテネ)での100m走の写真。

今では当たり前の両手を下につくクラウチングスタートも、左から2番目の人だけが唯一してます。

この時、会場は異様な光景を目にしたというくらい、当時だと革新的なこの走法。
その選手は金メダルを獲得し、新たな常識へと変わっていったのです。

僕はこの話を聞いて、まさにニュートンバッグの事じゃないか!と目がかっ開きました(・Д・)! 

初耳の方、www.newtonbag.comへ、位置について、ヨーイ、ドン!

中島