PORTER CLASSIC NEWS

2020/04/14 20:15





こんにちは、イラストレーターのMIMOEです。

今日は2020SSの芸人アロハのイラストについて、下書きから振り返りつつお話させてください。






1:下書き、ラフ

あーでもないこーでもないとウンウン唸りながら、鉛筆でスケッチをしていきます。

全体の作業の中で、この作業が一番時間を要します。一ヶ月近くかかることも。。

笑って前かがみになるお客さん、逆に後ろに倒れそうになるお客さん、いろんな笑い方を想像しながら描いていきます。

 

ちなみに笑っている人を描いているとき、私も実際にニヤニヤしていたりします。

怒っている人を描いてるとしかめっ面になります。絵を描いてる人はみんなそうなのかな?







2:ペン入れ

アナログの線が好きなので、イラストは手書きです。

今回は細かい文字や繊細な表情が多かったのでペンで書きました。







3:絵柄の完成

イラストをパソコンに取り込み色をつけていきいます。

ざっとですが、イラストが完成するまでの工程についてのお話でした。

芸人アロハには愉快な芸人や噺家がたくさん登場しています。

それぞれの人物の背景やストーリーを想像しながら楽しんで頂けたら嬉しいです!

 



最後におすすめの落語を一つ紹介します。「紙入れ」です。


<あらすじ>

出入り業者の新吉のもとに得意先の奥様から手紙が届く。

「今晩は旦那が帰らないから、遊びにいらっしゃい♡」

お世話になってる旦那様に悪いよと思いながらも向かってしまう新吉。

奥様といい雰囲気になっていると、帰らないはずの旦那が帰ってきたから二人は大慌て、、!!

なんとかバレずに逃げられたものの、奥様の手紙の入った紙入れを忘れてしまい、、

古今亭志ん朝さんの艶っぽい声とテンポがとても気持ちよくて何度も見てしまいます。

正直者すぎる新吉にハラハラしますが、そこが憎めないんですよね。

ラスト30秒で一気に完結するのも気持ち良いです。




それではまた!