PORTER CLASSIC NEWS

2020/06/15 04:30








「ポータークラシック」の商品が全て日本製なのは、日本のメーカーさん・職人さんの技術力が素晴らしいからです。

我々が誇るパートナーたちは常にモノづくりのチャレンジを乗り越え、その先にある「質」を表現してくれます。

各部門のプロフェッショナルたちにそれぞれのクリエイティブな場や考え、価格などについて聞きました。

その言葉から垣間見える「ポータークラシック」を共有致します。

 

The reason all Porter Classic products are made in Japan is simple.

High level craftsmanship.

Our colleagues from the factories to the independent professionals are artisanal blessings, and the constant challenges they overcome defy quality in each of our products.

Here’s an open letter we sent to the artisans, asking them about their work ethics,their creative surroundings and their economic views that forms Porter Classic.






- PCの「色変」を作る現場は、どのような現場ですか?

Please share with us what kind of environment, or work state, Porter Classic products are color processed in.


主に機械を使って染色する職人と、一点一点手作業で着色、コーティング、味出し等をする職人の両方が在籍している工場です。あらゆる素材、あらゆる製品の加工を、互いに出し合ったアイデアをもとに作り込んでいく、そんな現場です。

ただセオリー通りに染めるだけではPCの世界観を表現することはできないところに、難しさと面白さがあり、毎回が挑戦です。

There are two kinds of approaches to color processing in our factory. One group of artisans mainly use machineries and the other artisans use their own hands, processing the items one by one, dyeing, coating, staining, etc. We work on all kinds of products/materials, exchange ideas with each other to materialize the effect and constantly elaborate on our processes.

There aren’t any textbook instructions with a Porter Classic project because it always pushes you to go against the theories that you’re used to, so it’s always difficult but fun to work on.  Always a challenge though.






なぜ「色変道」に惹かれたのですか? その道の魅力を教えてください。

What attracted you to this craft? What was(is) the appeal?


真っ白で入荷した製品が、染色・加工をすることでPCの顔になっていく。かっこよく変化していく様を見られるのはとても面白いです。

大きな会社ではないので効率の良い大量生産はできませんが、だからこその職人の手仕事の匂いがする染色・加工に取り組んでいるところに魅力を感じています。

It’s interesting to see a white product getting color processed here and transforming into a “Porter Classic look.” The development is fascinating.

We’re not a big company so our size limits us from effectively producing in a mass scale, but that’s also the reason we’re able to put time into our work.  

I’m especially drawn to color processed works in which you can sense the artisan behind it.



- 上手に作られた「色変」と上手に作られていない「色変」の違いは何ですか?

(「上手に」を「自由に」「丁寧に」「純粋に」など変更して頂いても大丈夫です)

Tell us the difference between a “good” color process and a “bad” color process.

(Feel free to change “good” to “skilled” “unrestricted” “genuine” etc.)


製品を加工するうえでは、傷みや風合いの変化などリスクやデメリットが必ず付きまといます。それがうまく克服できているかどうかはまず大切なことだと思います。

それに加えて、新品でありながらストーリーを感じさせるような表現ができるかが職人の技量だと思います。PC特有の色落ち感は他社と一味違った個性がありますので、デザイナーさんの意図をしっかり汲み取れるように気を遣います。

There’s always a risk involved with color processing, whether it’s damage, tear, color altering, etc.  First and foremost, overcoming these demerits are very important. 

In addition, if the color process can add a layer or “a narrative” to a new product, you get originality.  With a Porter Classic item the color process gives a distinct characteristic which separates them from other brands.  






作業しやすい格好はどのような格好ですか? 何故ですか?

What’s a comfortable work wear?


職人チームを意識するために弊社は白衣をイメージしたホワイトデニムのショップコートがユニフォームです。各職人が携わる加工内容によって汚れ方が違っていておもしろいです。

夏は一瞬で汗が噴き出すほど熱く、冬は息も白く、染色機械から出る湯気で工場内に霧がかかるような寒い現場ですから、作業のしやすさで言えば、体温調整が最優先かもしれません。

We consciously wear white denim coat to look like a group of artisans.  With all the different projects, they all stain differently so it’s fun to see.  

During the summer it gets extremely hot and during the winter it’s very cold here.  I can see my breath, the steams from the machinery fogs up the entire factory, it can be brutal.  Our choice of clothes depends on the temperature here.



「色変づくり」において、ルーティーンやルールなどありますか?

Do you have a routine or a set of rules in your craft?


染料の種類や染める素材を幅広く扱っていますし、何でも屋のようにいろいろな加工依頼をお受けしています。PCのバッグのような再生産の依頼は仕事全体でみると実はほんの一握りです。ですから経験や記憶だけでなくデータも大切にしています。染色に関していえば、色合わせの結果はうまくいかなかったものも含めてデータとして蓄積し、試行錯誤の材料にしています。

We deal with all sorts of dyes, range of color processing materials, accepting all sorts of projects.  Reproduction assignments, like dyeing the SUPER NYLON series for Porter Classic, is just an example of our work.  Keeping each data for each assignment is as crucial as experience and memory.  We always accumulate our data whether it was a successful process or a failed attempt and use it for future trial and errors.






- PCの「色変」は高いですか?

Is a Porter Classic color process expensive?


ただ染めただけでは終わらない、というのがPCの製品ですから正直手間と時間はかかっています。こだわりの強いお客様が多いと思っていますので、納得していただけるようなクオリティを目指すことに責任と使命を感じて作り込んでいます。

Just color dyeing a product isn’t where a Porter Classic project ends, so honestly, it takes time and effort.  Porter Classic fans are very sophisticated.  It is our responsibility to pursue the highest quality and our mission to convince the fans with our skill.



ご自身が好きなPCの表現(商品など)は何ですか?

What expression or product by Porter Classic resonates with you?


コーデュロイの商品を愛用しています。深みのあるインディゴブルーはPCらしさもあって好きな色です。

最近のものでは、スーパーナイロンストレッチのシリーズが好きです。ナイロンのスポーティーさと天然繊維のような味のある色合いがミックスされていて、PCらしいものづくりだなと感じています。ただ、加工難易度としてはかなりの上位で毎回頭を悩まされてしまいますが。

I wear the CORDUROY items all the time.  I love the deepness of the blue color that the brand is known for.  Lately, I like the SUPER NYLON STRETCH series.  You can enjoy the sportiness of the fabric as well as the expressive color processing which makes it look like a natural fiber instead of a nylon.  It’s quintessential Porter Classic. As usual, the degree of difficulty to achieve this look wasn’t easy…






Next写真」職人。

6月8日(月)14時公開予定。

"Dialogue with an Artisan" Vol. 9

June 8th (Sun) 14:00.